事務職の人は副業が必要?仕事との兼ね合いを考える

副業と仕事の兼ね合いを考えてみましょう。自分の収入の理想はどんな形ですか? - どうして退職推奨されるのか?

どうして退職推奨されるのか?

社員に対して企業側が退職をしてほしいと促していくことを退職推奨といいます。

この退職推奨というのは、あくまでも促すというものであり、解雇のように契約を一方的に解除されてしまうというものではありません。

ですから、退職推奨をしていく場合、社員も同意をしなくては成立をするすることはないのです。

そして、社員が拒否をした場合、退職推奨を続けることはできません。

また、退職推奨というのは、期間などもある程度決まっているため、期間を過ぎても退職推奨をするということは法律で禁止になっています。

さらに、脅迫をしたり共用をするような言動はしてはいけないという決まりもあるのです。

退職推奨をされた社員が立会人の同席を求めてきた場合、企業側はその求めに応じなくてはなりません。

このような決まりを破っている場合、退職推奨ではなく、退職強要と判断されることもあるのです。

また、ちゃんとした理由がないのに、退職推奨をした場合、公序良俗違反として認められるということだってあります。

そして、労働基準法や男女雇用機会均等法違反だと判断された場合、退職推奨は違法扱いとなるのです。

退職推奨をする場合、人員を削減したり、会社の実績が悪くなってしまった解いた正当な理由がなくてはなりません。

また、退職推奨をしても応じなかった場合は、社員の判断を優先的にしなくてはならないのです。

ですから、退職推奨をされたとしても、応じるつもりがないのであれば拒否をすることもできるのです。

また、企業から、退職推奨をされた場合、どのような理由で退職推奨をしているのかを確認するようにしてください。

会社が正当な理由を述べたり、退職金を増やすという条件を提示してこないのであれば、退職推奨を拒否しても問題はありません。

こちらは拒否しているのに、何度も退職推奨をしてくるのであれば、不当行為になりますから、労働基準監督署に報告をするといいでしょう。

なお拒否をした場合、会社から嫌がらせをされてしまうという可能性もあります。

退職推奨はあくまでも退職を勧めるというものであって、退職を強制的にするというものではないということは覚えておきましょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 事務職の人は副業が必要?仕事との兼ね合いを考える All Rights Reserved.