事務職の人は副業が必要?仕事との兼ね合いを考える

副業と仕事の兼ね合いを考えてみましょう。自分の収入の理想はどんな形ですか? - 事務職の男性は多い?

事務職の男性は多い?

事務職のイメージといえば、女性社員が多そうな感じがしますね。

女性のていねいさや几帳面さを活かせば、確かに事務職は女性にとって最適な仕事と言えるでしょう。

ですが、私のように男性でも事務職をやっている人は少なくありませんね。

大企業にもなると、事務職においても男性の割合は高くなってきます。

いっぽうで、より少ない人材で成果を挙げなければならない小さな企業などでは、事務職に向いている丁寧さや慎重さを持っている女性の方が採用されやすい傾向にあります。

ただ単に、男性ばかりの職場なので、事務職は助成を募集したいという思惑があるケースもあるでしょう。

それに、小さな会社では力仕事は主に男性に回されて人材が足りなくなってくるので、自然に事務職関連は助成が多くなるのかもしれません。

事務職に就いている男性の中には、今の仕事が男性らしくないと思って内心あまり自信を持てていない人も少なくないのではないでしょうか。

男性といえばガテン系などの力仕事をしている人も多いですが、自分はそんなに体力や力もあるわけではないので、事務職の方が向いていると思います。

男性でも生まれつきの性質で力仕事が向いていない人もいますし病気がちの人もいるでしょうから、そういう男性にも事務職は最適な仕事ではないでしょうか。

それに、事務職なら特に女性がするものというイメージもそれほど強くはありませんし、男性としても働きやすい環境にあるのではないかと思います。事務職でも男性は比較的力もある方なので、小さな職場では重宝されることも多いです。

女性のイメージがある仕事といえば他にも受付がありますが、これについても男性でも特に違和感はありませんよね。

力が必要とされる仕事では流石に男性の方が多いかもしれませんが、事務職や受付などそれ以外の職業では特に性差による差別はされるべきではないと思います。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 事務職の人は副業が必要?仕事との兼ね合いを考える All Rights Reserved.