事務職の人は副業が必要?仕事との兼ね合いを考える

副業と仕事の兼ね合いを考えてみましょう。自分の収入の理想はどんな形ですか? - 退職推奨をされた場合退職金はどうなるの?

退職推奨をされた場合退職金はどうなるの?

会社に退職推奨をする場合、退職を希望する人を募集することになります。

退職推奨の場合は、必要ではない社員に対して行われることがあります。

そして、推奨ではなく強要されてしまうということも少なくありません。

本来であれば、会社の都合によって退職をさせられてしまうのですから、当然退職金も支払わなくてはならないのですが、

会社が勝手に自己都合による退職だと処理をして、退職金が減額されてしまうということもあるのです。

自己都合による退職にされてしまうと、退職金が減ってしまったり、失業保険に影響を与えてしまうということもあるため注意が必要です。

退職推奨をした会社に退職金に対しての規定があるのであれば、退職金を上乗せして支払うのが当たり前なのです。

普通であれば、勤続年数や事由係数、退職金算定基礎給を掛けて退職金を算出することになるのですが、退職推奨をされた場合は、本来であればさらに金額が増えることになります。

会社都合による退職と、自己都合による退職は、退職金の金額にかなり差を作ってしまうことになります。

また、自己都合の場合は、申請をしても失業保険が下りるのは3か月後となります。

ですが、退職推奨によって会社の都合によって退職をした場合、申請後1か月くらいで失業保険を支給してもらうことができるのです。

ですから、自己都合ではなく、会社都合で退職推奨をしていってもらわなくてはかなり損をしてしまうということになるのです。

なので、退職推奨によって退職をしなくてはならない場合、会社都合で退職をするのかをしっかりと確認しておかなくてはなりません。

そして、会社都合で退職をすることをちゃんと約束されなくては、退職届を提出するということはしないようにしましょう。

ちゃんと証拠に残るように文面に記してもらいましょう。

会社都合による退職だということを確認せずに応じてしまって、損をしてしまっている人が多いのが実情です。

自分もそうならないように、退職推奨をされたのであれば、交渉をするようにしてください。

関連記事:

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2015 事務職の人は副業が必要?仕事との兼ね合いを考える All Rights Reserved.